看護師が転職して復職する場合

資格を「眠らせている」潜在看護師という存在は多く、様々な理由で資格を活かせない看護師が多いことがわかります。では、ようやく復職出来る条件が整った時、転職が必要になってしまった場合、どのようなポイントに気をつけて求人を探せばよいのでしょうか。家族の都合や育児など、その時の条件に合わせて転職をする必要があれば、それは看護師の資格を活かそうと思えば当然のことです。失敗しない転職、復職について考えてみましょう。元々の職場に戻りにくいと考える看護師が多いことも潜在看護師が多い理由のひとつですが、元々働いていた看護師の復職に前向きではない病院も多いため、需要と供給のバランスの悪さを感じる場面でもあります。やはり、人間関係が原因であった場合は、元の職場も退職していった看護師を再度受け入れる準備がしにくいということなのでしょうか。
復職しようとする看護師が求める条件は、「院内託児所完備」「ブランク明けの人へのサポートが充実している」などが挙げられます。
やっと復職しようと思えたのですから、すぐに辞めてしまいたくなるような職場では本末転倒です。ブランクがある分、対処の方法が変わってしまっていたり、子どもが生まれて復職の条件として子どもが預けられることが必須の場合、それらをクリアしていることが重要です。看護師としての研修が充実していることはもちろんですが、ゆっくりと復職に関しての身守りがあることも大切なようです。体が慣れるまでの間、看護技術を思い出す間や、新しい知識の吸収期間をきちんと取ってくれるかどうかに前向きな復職の意思が関係するようです。子どもが生まれ、必然的に安心して子どもを預けられる場所がないと復職出来ない看護師の場合は、それらの制度が充実している病院や施設に転職を考える必要があります。元々いた看護師が結婚や出産で戻れない場合、やはり病院や施設側に対応の遅れがあると言わざるを得ません。看護師の働く意思を汲み取っていない病院がまだまだ多く、復職への壁が高いことも伺えます。院内託児所や研修制度の充実を計っているのは大きな病院に多く、小さな病院などではなかなかそれが叶わない場合も多いのが現状です。どのように改善していくかは病院ごとに判断が委ねられているため、環境整備のスピードはそれぞれの病院や施設で違いが出て来ます。一定数の看護師確保のために潜在看護師の存在は見逃せなくなっています。今後の対応が期待されますし、復職を希望している看護師が不安なく転職し、また看護師として安心して働ける環境が早急に整うことが患者になる側の安心にも繋がるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です