まずは日本でも対策を

高齢化社会が進む中、日本では看護師不足が問題として取り上げられています。何年も前から言われていることなのですが、かなり深刻な状態にあるようです。そのため、近年では外国人を看護師に育て上げるという対策もとられています。研修や知識などを教え込み、看護師の試験に合格した人たちだけが就労することができる仕組みのようです。しかし、看護師の試験は日本語で出題されるため、まずは言葉の壁というものが取り上げられるのではないかと感じました。それにしても、日本に来ている外国人は日本語を覚えるのがとても早いような気がします。日本人も、外国に行けばたやすく覚えることができるのかもしれませんが、日本語はとても難しいと聞きます。こういった制度で疑問なのは、看護師に必要な知識や技術を習得するための費用はどうなっているのかということです。日本人の中にも、看護師になりたい人はいるはずです。現実的に、学校へ行く費用が捻出できずにあきらめなくてはいけない人もたくさんいるはずです。看護師の数が減ってきているのと比例して、閉鎖せざるを得ない看護学校もでてきています。入学するためにはかなりの倍率になり、そこそこに学力があっても学校に入学できない人もいるのだと思います。仕事の少ない発展途上国の手助けとなっていて、なおかつ日本にとっては看護師不足を補えて双方に利点がありますが、まずは日本でもそういった対策を講じてみてもいいのではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です